納豆を加熱調理して食べるコトにハマってます!が…残念な事実に直面。

以前から納豆が大好きな私。でも、納豆をご飯にかけて食べるだけだったのですが、なぜか急に、もっと楽しく納豆を食べてたい!と思って以来、納豆を調理するコトにハマり中。

とはいえ、残念ながら料理上手ではない私なので、まずは簡単なものからトライしていました。

この手軽な納豆レシピの中で私が一番好きなのは、餃子の皮を使った納豆ピザ!餃子の皮そのままで、1枚の片面に水を塗ってもう1枚とつけます。その表面に乗りの佃煮を塗り、納豆をのせてピザチーズをかけてトースターで5分くらい焼くだけです。

もう少し手の込んだ納豆料理が作りたくなってきた私は、完全加熱調理してみることにしました。いくつかトライして、スタミナ納豆が一番おいしい!鶏ひき肉100グラムに納豆2パックを入れて、めんつゆとすりごまで炒めるだけ。ごはんにのせて丼にするとすごく手軽でランチにぴったり。

友人にもこのスタミナ納豆を勧めてみました。

しかし、友人が一言。「それじゃ、納豆のいいところ壊しちゃってるから!」

なんと納豆を加熱すると、栄養分のひとつ、ナットウキナーゼが死滅してしまうのです。ナットウキナーゼは、納豆の魅力のひとつ、血液さらさら効果のもとなのです。

納豆のよさを殺してしまう食べ方をしていた私…。教えてくれた友人、ありがとう。ナットウキナーゼを大切に食べるか…加熱しておいしいお気に入りの方法で食べるか…地味に毎日考えてしまう今日この頃です。
いびきサプリのいぶきの実